コンプライアンスの取り組みについて

平成16年11 月、弊社は倫理規程を制定しました。この規定はアクセスプログレスの全役員・社員が日常の業務を遂行するにあたって守るべき行動基準を定めたものです。弊社は、今後とも広報戦略における情報発信の担い手としての社会的責任を果し、関連法規を遵守した行動を実践してまいります。

基本理念

  1. 私たちは、幅広い広報支援活動を通じてお客さまの描く事業戦略をより大きく発展させ、かつ具現化することを通じて社会的貢献を果すことを使命とします。
  2. 私たちは、情報の発信者としての顧客ニーズに積極的に応えるとともに、情報の受信者の基本的権利を保護することに努めます。
  3. 私たちは、社会の構成員としての自覚と社会的良識を持ち、すべての企業活動が法令及び公正な商慣習に従って行われるよう努めます。

私たちの行動規範

  1. 得意先及び取引先、情報の受信者に対して、関連法規を遵守し、すべての関係者と相互の適切な信頼関係を維持する。
  2. 広報支援活動においては正確な情報提供を心がけ、取り扱う個人情報管理面も含め、関連法規を遵守し、トラブルの未然防止に努める。
  3. 企業市民としての義務を自覚し、社会的良識とかけ離れた判断・行動をとってはならない。
  4. 社会の秩序や企業の活動に脅威を与える反社会的勢力・団体とは一切の関係を遮断する。
  5. 職務上の立場を利用して、取引先から個人的な利益・便宜の供与を受けてはならない。
  6. 企業秘密に関する情報は厳重に管理し、在職中及び退職後を問わず、社外へ開示・漏洩してはならない。

運用体制

  1. 「コンプライアンス委員会」を設ける。
  2. この規程は、すべての役員及び従業員に周知徹底を図る。
  3. この規程の制定及び改廃は、「コンプライアンス委員会」の審議を経て、取締役会が決定する。
  4. この規程に違反する事態が発生した場合、それを知りえた者は、速やかに所属長あるいは「コンプライアンス委員会」に報告し、解決を図る。
  5. 故意や重大な過失による規定違反行為については、就業規則により処分される。

付則

平成16年11月15日制定
平成22年10月改定