NEWS

「外国人留学生のためのキャリア教育プログラム」 アクセスヒューマネクストと帝京大学が連携

 ㈱アクセスグループ・ホールディングスの事業子会社で採用広報事業を展開する株式会社アクセスヒューマネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長 冨澤一憲、以下当社)は、帝京大学と共同で、国内企業に就職を希望する外国人留学生を対象に、大学低学年からの早期キャリア支援教育プログラムをスタートします。

 日本の大学等に在籍する外国人留学生は、2018年5月1日現在で298,980人(前年同期比12.0%増)となりました(※1)。また、外国人留学生の就職を目的とした在留資格変更許可も2018年に約26,000人(同15.7%増)に達しています(※2)。その一方で、外国人留学生の6割以上が日本において就職を希望しながらも(※3)、現状では3割程度の就職率に留まっており(※4)、各大学では外国人留学生の就職支援に対するニーズが高まっています。特に、日本での就活の日程や進め方が母国とは異なるため、結果として就活開始が日本人学生に比べて半年以上遅くなっている実情があり、早期に就活イメージを持てるようにすることが課題となっています。

 このような現状を背景に当社と帝京大学は共同で、帝京大学の外国人留学生を対象に、就職活動の実践的なノウハウを早期から身に付けられるよう、低学年次生も参加が可能なキャリア支援教育プログラムを実施いたします。今回のプログラムでは、就職活動の基礎や業界研究などを行うほか、実際に企業のオフィスを訪問して、元留学生を含む先輩社員とのふれ合いを通じて日本で働くことのイメージの醸成を図り、インターンシップのオファーも受けられるようにします。

 当社は、各大学のキャリアセンターとの関係性をもとに、各大学における外国人留学生の就職活動の課題解決にも取り組んでおり、これまでに拓殖大学、中央大学、桜美林大学を始めとした複数の大学と連携して、早期キャリア支援教育プログラムを提供しております。今回のプログラムは、このような当社の実績を踏まえながら帝京大学における現状を加味して開発し、外国人留学生が納得の行く就職活動を行えるようサポートしてまいります。

当社では今後、本プログラムで得られた知見を活かし、外国人留学生が自らのキャリアを早期から考える機会を創出するとともに、日本での就職を希望する外国人留学生に対して、日本語教育、キャリア育成プログラム、就活対策、企業とのマッチングなどトータルサポート体制を構築し、外国人留学生の就職率向上を目指してまいります。また、各大学とのさらなる連携を図り、外国人留学生に特化した合同企業説明会の新規開催など、外国人留学生の積極活用を考える企業と外国人留学生の直接的な出会いの場の創出を増やしていくことにより、学生・企業・大学の発展に貢献してまいります。

※1 独立行政法人日本学生支援機構「平成30年度外国人留学生在籍状況調査結果」(2019年1月公表)
※2 法務省入国管理局「平成30年における留学生の日本企業等への就職状況について」(2019年10月公表)
※3平成29年度私費外国人留学生生活実態調査概要(2019年1月公表)
※4 独立行政法人日本学生支援機構「平成29年度外国人留学生進路状況・学位授与状況調査結果」(2019年4月公表)

<受託概要>
企 画 名:帝京大学在籍の外国人留学生対象「キャリア教育プログラム」
日   程:2019年12月
場   所:帝京大学八王子キャンパス(東京都八王子市大塚359)
※3回のシリーズで就活支援講座を展開します。

 

 

【受託内容に関するお問い合わせ先】
株式会社アクセスヒューマネクスト
『外国人留学生のためのアクセス就活サポート』 担当:根津
Tel:03-5413-3002(代)
Mail:pr-news@access-t.co.jp
HP: https://www.access-t.co.jp/hn/
(〒107-0062東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階)