株式会社アクセスグループ・ホールディングス

メニュー開閉ボタン

Access Group NEWS

プレスリリース

~外国人留学生のスムーズな入学試験手続きを支援~ 「留学生WEB出願システム」が東海大学で本稼働開始

 株式会社アクセスグループ・ホールディングスの事業子会社で、学校広報事業を展開する株式会社アクセスリード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 田中康弘、以下「当社」)は、本年6月よりリリースしたウェブ上で外国人留学生のスムーズな入学試験手続きを支援する「留学生WEB出願システム」を東海大学より受託し、このたび本稼働を開始いたしました。

日本国内の外国人留学生数が298,980人と過去最高を更新(※)し、大学・専門学校など高等教育機関へ進学を希望する留学生が年々増加しています。そうした中、入学願書など出願書類の記入・手続きにおける留学生本人の負荷と、出願を受け付ける高等教育機関の、それぞれの業務負担が増加しています。外国人留学生においては高等教育機関が必要とする志願者の情報が日本人と異なるため、既存システムでの対応が難しく、出願受付事務処理に人手を要するなどの課題がありました。

当社では、外国人留学生向け情報サイトや進学フェアを約10年に渡って企画運営しており、そのユーザー数は国内最大規模となっています。こうしたノウハウを元に、外国人留学生の出願事情に適合し、入学試験出願時における書類作成や受験料決済等をウェブ上で行える「留学生WEB出願システム」を6月よりリリースし、今般東海大学より本システムの導入を受託し、本稼働を開始いたしました。

今回本稼働した東海大学の留学生WEB出願システムは、国内外からの出願手続きに対応しています。当社が運営する情報サイト「アクセス日本留学」に登録済みの外国人留学生であれば、その登録情報を利用して、そのまま出願システムに連携できる仕組みとなっています。また、受験料の決済には、クレジットカード、コンビニエンスストアでの支払い、ペイジー(銀行ATM)等の他、銀嶺にも対応するなど、各種の決済方法を実装しています。これにより、出願者ごとに異なる様々な要件に対応し、上記の課題を解決する基盤を整備しました。このように、複雑な要件や制度に即した外国人留学生専用のWEB出願システムの導入により、業務負荷を軽減することに寄与しております。

当社では、今後「留学生WEB出願システム」をさらに機能拡張し、外国人留学生の大学出願を指導する日本語教育機関の教員向けの管理機能や、㈱One Terraceが提供する日本語学校向け学生管理システム「WSDB」との連携機能等をリリースすることで、さらに利便性と業務効率性を高めていく予定です。増加する外国人留学生を円滑に受け入れる体制作りを推進し、大学、外国人留学生、日本語学校のさらなる発展に貢献してまいります。
※ 独立行政法人日本学生支援機構「平成30年度 外国人留学生在籍状況調査結果」

以上

<企画運営の問い合わせ>

株式会社アクセスリード
担当:池田

Tel:03-5774-2330(代)
Mail:esuisin@access-t.co.jp
HP: https://www.access-t.co.jp/ld/
(〒150-0002東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー24階)