株式会社アクセスグループ・ホールディングス

メニュー開閉ボタン

Access Group NEWS

プレスリリース

「朝日新聞EduA」とタイアップし、受験生及び保護者へ大学研究室、ゼミ情報を提供 ~入学後のミスマッチを回避し、最適な志望大学選択に貢献~

 株式会社アクセスグループ・ホールディングスの事業子会社で、学校広報事業を展開する株式会社アクセスネクステージ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 増田智夫、以下「当社」)は、朝日新聞社の教育メディア「朝日新聞EduA(エデュア)」に、当社が運営する受験生向けウェブサイト「大学の研究室は、何をするところですか?」(以下「研究室サイト」)の情報を、また、「朝日新聞EduA」紙面及びウェブサイトにタイアップ広告を掲載するなど、連携企画を実施いたします。
 相互のウェブサイトユーザーへ情報閲覧を促進するとともに、紙面を通じて、大学進学を目指す受験生とその保護者、教員の方へと広く周知し、最適な志望大学選択の情報提供に貢献いたします。あわせて、当社の研究室サイト紹介情報誌と「朝日新聞EduA」紙面のサンプルを全国の高等学校に発送し、進路指導にお役立ていただくことで、入学後のミスマッチの回避に向けたサポートを行ってまいります。


【掲載内容等とスケジュールについて】

「朝日新聞EduA」

◆ウェブ版
・研究室サイトへのリンクバナー広告掲出(2021年3月下旬開始)
・研究室サイトタイアップ広告掲出(2021年5月下旬)

◆紙面版
・研究室サイトタイアップ広告掲出(2021年5月9日号発行予定)

◆高等学校へ研究室サイト紹介情報誌及び「朝日新聞EduA」紙面版のサンプル配本(2021年6月中旬)

※予定時期は編集都合等により前後する場合があります。

【当社研究室サイトについて】
 大学での学びの核となる「研究室」や「ゼミナール」について、進学前からその内容を知ることは、将来の具体的な目標設定や研究への興味関心を促し、入学後のミスマッチを回避することにも繋がります。また、大学教育の本質である「自らの探求を推し進める」ことを実現する進学先を見つけるための足掛かりとなります。
 当社の研究室サイトでは、具体的に研究室やゼミナールでの取り組み内容を受験生にわかりやすく提示することで、学部や学科の名称、イメージ等にとらわれない志望大学選びを促すとともに、意欲を持った学生の入学による大学研究室やゼミナールの更なる活性化に寄与することを目指しています。

◆当社ウェブサイト「大学の研究室は、何をするところですか?」
 https://lab.naninaru.net/
 
【朝日新聞EduAについて】
 「朝日新聞EduA」は、学齢期の子どもを持つ30~40代を中核とした保護者や教育関心層をメインターゲットとし、学習や教育に関する様々な迷いや悩みを共有しながら、よりよい選択を共に考える朝日新聞社のメディアです。毎月第2日曜に朝日新聞に折り込まれる紙面とウェブサイトを通じて、受験情報を中心に、特集やコラムで教育情報を配信しています。
 今回のタイアップにおいては、「自分にとって、本当に価値ある大学とは?」をテーマに、受験生本人だけでなく、保護者の皆様にも広く情報提供し、お子様の進路選択への理解を深め、後押しいただくことを目的としています。

(媒体データサマリー)
◆タブロイド紙面版
   発行部数:約4,700,000部
  発行エリア:北海道(札幌市※南区一部除く、江別市、石狩市、千歳市、恵庭市、北広島市、小樽市、苫小牧市)
        東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、静岡、愛知、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、
        福岡、山口
◆ウェブ版  https://www.asahi.com/edua/
月間ユーザー数:約820,000UU
   月間PV数:約2,600,000PV 
(2020年11月1日~11月30日実績)

 

<内容についてのお問い合わせ>
株式会社アクセスネクステージ(学校広報セクター)
担当:黒川
Tel:03-5774-2330(代)
Mail:koho@access-t.co.jp
HP: https://www.access-t.co.jp/nx/