NEWS

企業の採用担当者対象「インターンシップ活動に関する調査」集計結果を発表 ~6割強が22卒採用数を21卒並みと回答。一部の企業では増員を予定~

 当社は、「21卒採用及び22卒インターンシップ活動に関する定点調査」(2020年10月2日~10月28日計4回実施)を発表いたしました。
 企業の採用ご担当者に毎週同じ質問をし、市場の動向を調査しています。10月の4週間の集計結果としては、約4割の企業が直近1週間に22卒学生との接触があったと回答。接触手法は、約7割がオンラインでした。また、現時点での22卒採用人数の見通しについて、「大幅増」「やや増えそう」「21卒並み」を合わせると7割以上となり、コロナ禍においても、大半の企業では、新卒の採用活動には大きな変化がないか、一部の企業では増員を予定していることがわかりました。


◆アンケート結果トピックス
・21卒採用活動の状況: 約6割が「終了した」。
・22卒向けインターンシップの計画・実施状況: 6割強が「実施する」。
・22卒インターンシップの開催手法: 7割強がオンライン型を採用。
・この1週間で22卒学生との接触: 約4割が「接触があった」。
・接触の手法: 約7割が「オンライン型」。
・接触した開催主体: 4割強が「業者開催」。
・現時点での22卒の採用人数の見通し: 「大幅増」「やや増えそう」「21卒並みとなりそう」の合計が約7割。

 

≪調査概要≫
1.約6割が21卒採用活動を「終了した」と回答
現時点での新卒採用活動の終了見込み時期を伺ったところ、56.3%が「終了した」と回答。継続中の方の回答として終了見込み時期は、10~12月末を加えた「年内終了見込み」との回答が27.2%となっている<図1>。また、継続中の方に21卒採用の充足率を伺ったところ、60%以上の充足率の企業が71.2%と調査開始時(10/2~10/7)と比較し、3.2ポイントの進捗が見られる<図-2>。

2. 22卒向けインターンシップを「実施」と6割強が回答。
現時点でのインターンシップ実施について伺ったところ、 全体では「実施した」「今後実施する」を加えた「インターンシップ実施」は64.1%となった<図-3>。インターンシップの実施については、調査開始時より6割強の方が「実施した」または「今後実施する」と回答している。また、実施すると回答した企業に実施手法を伺ったところ、「オンライン型のみで実施」「オンライン型とリアル型の併用」を加えた「オンライン実施の採用」が72.7%と多くのインターンシップ実施企業でオンライン型の導入が進んでいることがわかる。


3.約4割が直近1週間で22卒学生との「接触があった」と回答。
接触の手法は約7割が「オンライン型」、接触した開催主体は4割強が「業者開催」と回答。
直近1週間での22卒学生との接触を伺ったところ、38.9%が「接触があった」と回答<図-5>。接触があった方に接触した手法を伺ったところ、68.2%が「オンライン型」での接触と回答<図-6>。ここでもインターンシップでのオンライン化の様子が窺える。また、接触した際の開催主体を伺ったところ、「業者開催イベントで接触した」が43.2%と最も多くなった<図-7>。

4.現時点での22卒の採用人数の見通しは、7割強が「大幅増」「やや増えそう」「21卒並み」と回答。
現時点での22卒採用の採用人数を伺ったところ、64.1%が「21卒並みとなりそうだ」が最も多く、「やや増えそうだ」「大幅増となりそうだ」が8.7%、「やや減となりそうだ」「大幅減となりそうだ」が14.6%となった。新卒採用を行っている企業に関しては、コロナ禍の中先の読めない状況ではあるが、継続的な採用を行っていく見通しとなっていることが窺える。

※調査は毎週実施しております。調査にお答えいただいた企業様には、結果をフィードバックさせて頂きます
https://ws.formzu.net/dist/S49194078/
最大8問の簡単な選択式アンケートとなっております。
<次回ご回答締切>2020年11月11日(水) 20時予定


[調査概要]
21卒採用及び22卒インターンシップ活動 定点調査 
■調査時期:2020年10月2日~ 2020年10月28日(毎週一回)
■調査方法:インターネット調査
■回答社数:のべ445社 (第1回120社、第2回106社、第3回116社、第4回103社)


<内容についてのお問い合わせ>
株式会社アクセスネクステージ(採用広報セクター)
担当:根津
Tel:03-5413-3002(代)
Mail:koho@access-t.co.jp
HP: https://www.access-t.co.jp/nx/